Home > 目次 > イベントなど > レポート「sprgトークライブ(4/16)」1

logo

レポート「sprgトークライブ(4/16)」1

2011年4月16日に開催した
ステーショナリープログラム・トークライブのご報告です。

サブタイトル:「maruman 春のファイルノートシステム・レッスン」
主催:ステーショナリープログラム
協賛:maruman株式会社
会場:maruman(株)本社 1F ショールーム

ゲスト:
・納富廉邦さん(懐中雑誌「ぱなし」編集長)
・伊澤恵美子さん(女優)
司会進行:
・和田哲哉(ステーショナリープログラム)

(PHOTO:神ノ川 智早

会場の風景

震災からまだ間もない状況にもかかわらず
多くの皆様のご来場をいただきました。(感謝)

文房具をテーマにしながらも大人?の雰囲気でトークは進行

出演者3人の様子

伊澤さんは、納富さんが「文具姫」として只今絶賛推薦中のかた。
じっさい、姫のノートの使いこなしは鮮やかで私も納得。
しかも「正統・多ノート派」なんです。

真剣にノートについて語る文具姫
(真剣にノートについて語る「文具姫」こと伊澤さん)

トークのテーマは5つ
・最近、ノート使っています?
・皆さんのノートの使い方、教えてください。
・ファイルノートシステムっていう言葉、知っていますか?
・こんなファイルノート、あったらいいな。
・近ごろの文房具のお話をしましょう。

ゲストご両名のノートの使い方を皆さんにご披露していただき
少しずつ話のペースが出てきたら、その次は
marumanが提唱している「ファイルノートシステム」の話題へ。

ファイルノートシステムとは、
ルーズリーフとバインダーそして周辺アクセサリ類を包含した
製品群をさす名称です。(marumanの登録商標になっています。)

納富さんの絶妙なトーク
(おふたりの楽しいトークに会場から何度も笑い声が。)

納富さんのお話によりますと、
ファイルノートシステムは、社会人にとっては
その活用方法について、まだ充分に掘り下げられていない様子。
商品のラインアップも今後増えてきて欲しいとのことでした。

ところで本イベントは入場無料であったにもかかわらず
ご来場者全員にお土産がございました。
・marumanよりA5サイズのバインダー「ネオ・ビュー」
・同じく「書きやすいルーズリーフ・ワイド」
・ウチ(信頼文具舗)よりシュナイダー社のローラーボール
ご来場者にプレゼントが
(maruman株式会社 様、ありがとうございました。)

レポート(その2)へ → 続く

Copyright © 1997-2017 StationeryProgram All rights reserved.